TEL0495-21-0111 見学・採用応募、資料請求、お問い合わせ TEL0495-21-0111 見学・採用応募、資料請求、お問い合わせ

看護師募集

画像
看護部長 伊藤聡樹
求職者へ求職者へ

多様な人材を受け入れることで
多様な看護を展開

看護部では、新卒・第二新卒・中途採用活動に加えて、潜在看護師の復職支援にも取り組み、新しい仲間を広く募集しています。精神科に興味がある方なら、年齢・性別・経験などは一切問わず、多様な人材を受け入れることで、患者さんの多様なニーズに応えていきたいと考えています。当院の目の前には准看護学校があり、地域の全日制高等看護学校への奨学金制度を用意しているため、働きながら資格取得を目指す学生・社会人の方の入職も大歓迎です。

画像

新人教育を充実させて
幅広い層が定着する職場を実現

働く看護師の年齢層は20代~70代と幅広く、男女比率も1:2とバランスが取れていて、新人・中堅・ベテランが偏りなく活躍しています。入職後は新人オリエンテーションを開催し、現場教育には「プリセプター制度」を採用。日本看護協会・日本精神科看護協会が開催する新人研修への参加を推進しているほか、病院全体の研修や、各委員会が主催する研修、看護部内の研修など、さまざまな学びの機会を設けています。

〈 働く看護師の年齢層 〉
〈 働く看護師の年齢層 〉
画像

ワークライフバランスを重視し
長く働きやすい環境に

看護師として長く働く上で、キャリアと私生活を切り離すことはできません。当院は残業がほとんどなく、シフトの融通も利きやすい点が職員から好評で、休みの希望や、夜勤の回数・曜日の相談にも柔軟に寄り沿っています。また、職場の近くに関連施設の「はにぽん保育園」があるため、産休・育休後の復帰率も高く、ママさん看護師が多く活躍していることも特徴です。精神科看護は、豊かな人生経験がアドバンテージになりますから、充実した私生活を送る中で人間性や社会性を育み、疾患ではなく「人を看る」姿勢で患者さんと向き合って欲しいと思います。

画像

精神科病棟精神科病棟

上武病院精神科病棟は比較的状態が安定した患者さんが入院治療していますこんな方は当院精神科で働いてみませんか!?

上武病院精神科看護の特長精神科看護の特長

チャレンジしやすい

未経験者にこそ魅力に触れて欲しい

精神科病院と聞くと、未経験の方は敷居が高く感じるかもしれませんが、当院では未経験の方にこそ精神科の魅力に出会って欲しいと考えています。患者さんの回復を支えるのは、処置や薬だけではありません。看護師の関わりも治療の一つであり、信頼関係が深まるにつれて笑顔を見せたり、落ち着きを取り戻したりする患者さんは多くいらっしゃいます。

画像
子育てしながら動きやすい

働くママも安心の子育てサポート

敷地内には関連施設「はにぽん保育園」があり、職員価格で利用可能です。子育て支援として、日勤常勤・時短勤務・パート勤務などの多様な勤務形態を用意しているため、小さなお子さんを持つ方も多く活躍しています。育児経験者が多い職場なので、お子さんの体調不良による欠勤にも理解があり、子育ての悩みを相談し合える人間関係もあります。

画像
再スタートしやすい

再び看護師として働く楽しさを

当院では、地域の潜在看護師の再就職支援に取り組んでいます。一般病院と比べて医療処置が少なく、コミュニケーションを主体とした看護を提供できる精神科病院は、仕事を長く離れていた方でも復職しやすい環境です。入職後は、新卒同様の手厚い教育サポートを行い、看護師としての再出発を応援しています。

画像

精神科病棟看護師の1日の流れ 精神科病棟看護師の1日の流れ

スケジュール
画像 夜勤者からの申し送りで情報を共有
今日もがんばります スケジュール
画像 担当患者さんのバイタルをチェックします
精神科病棟看護師の1日の流れ
続きを見る
画像 安全のため協力して
介助を行います
画像 薬剤室で調剤された薬を
チェックし準備します
画像 リフレッシュして午後も頑張ります!
画像 グランドゴルフの付き添いをします
皆さん楽しんでください!
画像 皆さん楽しみにしている
おやつの時間です
画像 悩んだときは上司にアドバイスをもらいます
画像 患者さんの話をしっかり聞くことが
大切です
画像 看護記録を記入し、
患者さんの心身の状態変化を確認します

精神科病棟精神科病棟

上武病院内科療養病棟は合併症患者さんの長期療養が出来る病棟です

内科療養病棟看護師の1日の流れ 内科療養病棟看護師の1日の流れ

スケジュール
画像 夜勤者からの申し送りから
1日がスタートします
今日もがんばります スケジュール
画像 回診の準備。間違いが無いようダブルチェックします。
内科療養病棟看護師の1日の流れ
続きを見る
画像 ケアを行うため病室に向かいます
画像 患者さんの健康状態をしっかり
チェックします
画像 先輩や同僚看護師とも仲のよい職場です
画像 判断に迷ったときはすぐに
先輩に相談します
画像 在宅復帰に向けセラピストとも
連携しています
画像
当院では看護業務に専念できるよう病棟クラークが事務業務をサポートしています